「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:布小物作家さんの為の収納のコツ( 1 )

布小物作家さんの為の材料の収納のコツ。

■ 全体の雰囲気(とても大事♡)
 ○ 自分のスタイルやデザインに合わせる。
 ○ 工場(こうば)作業場であっても
   ディスプレイにこだわる意識で配置する。
   → お店のつもりで置く、飾る感じ

■ 大きさ、つまり 大・中・小 で分ける。
(混在させないことがスッキリのコツですね!)

・ 反物は反物で並べる。
・ ハギレはハギレで重ねる。
・ ビーズはビーズで小箱、ケースに入れて。

言わずもがな。。。ですね。

■ 色別で置く場合
グラデーションにする。

■ 収納の注意点
しわにさせない。もつれさせない。

実際に使う時、アイロンの掛け直し等
しなくてもいいように新品をキープするつもりで使う。

■ 色違いで同種の物を収納する場合
引き出しやケース、箱は出来るだけ揃えること。

多量の材料に囲まれがちなので
出来るだけスッキリ出来るように
収納用品は揃えるようにすると全然違います。
↑ ↑ ↑
透明だったり、ガラス窓が付いていたり
中が見える方がいいかもしれません。

■ 向きを揃える、端を揃える
太さを揃える、大きさを揃える
季節を合わせる、素材を揃える・・・

他に何があるかな?

■ インデックス・ラベルを付ける
何が入っているかを一目瞭然で分かる
インデックスやラベルを付けると頭が整理されます。

自分が使っているのだから
自分さえ分かればいい、というのは
ごもっとも。

それでも、あえてラベルを貼った方が
貼っていないより、幾分か頭がスッキリします。

■ 常に使う物は「常に使う物」
というグループを作って
カゴや箱に入れておく。

材料だけではなく、
道具&用具も入れておくといいですね。

■ 納期別に分けて入れておく。

■ 時々間引きする。

材料は全て宝であり、お金でもありますよね。
だから捨てるのは有り得ないのですが
それでも、自分のセンスを高める為に
時々間引きをするイメージで

自分のセンスと合わなくなっているものは
処分、もしくはリサイクルに放出します。

スッキリして、なおかつ “ よりすぐり ” だけとなり
センスの良いもの、お気に入りだけが残ります。

私のサービスへのご予約・お問い合わせは ↓
整理整頓教室 リセット|Riset

「すぐ頼める?」と思われた方は ↓
ご予約可能日確認カレンダー

『整理なんて楽勝!』と思えるストーリー ↓
facebook ページ 整理整頓教室 リセット|Riset



[PR]
by riset-kyoto | 2014-02-01 23:40 | 布小物作家さんの為の収納のコツ | Comments(0)

整理収納アドバイザー1級 京都


by 整理整頓教室 リセット|Riset
プロフィールを見る